2017年09月の記事一覧

月別:2017年09月

バトルスタディーズは休載か…129話を読もうとモーニング44号を買ったのに

バトルスタディーズ129話を読もうと、2017年9月28日発売のモーニング44号を購入。

 

鬼頭の暴走でDL学園の監督や寮監が対応に苦慮している所で128話は終わりました。

 

>>バトルスタディーズ129話の感想はこちら

 

夏の大会出場停止になるのではないかと不安になる終わり方でした。

 

直前でキャプテンの烏丸が風呂場で狩野に甲子園にかける思いを語っていただけに、これは気になりますよね。

 

DL学園がどうなるか?

 

作者のなきぼくろ先生は、DL学園のモデルになったPL学園の出身です。

 

そして、なきぼくろ先生がPLに在校していた時に、PLは不祥事で出場停止になっているそうです。

 

つまり今回の鬼頭の暴走は、この時の経験をもとに出場停止について描くのではないかというわけです。

 

これは気になるでしょう。

 

 

Dモーニングを契約しているので0時になったら、最新号を読むことができます。

 

さっそくバトルスタディーズを読もうと思って、目次を確認すると、バトルスタディーズの名前が中々見つかりません。

 

やっと名前を見つけたと思ったら、今週のバトルスタディーズは休載ですと書かれています。

 

かなりガックリきました。

 

確か先週の128話では休載のお知らせは無かったはずです。

 

先週のモーニングを確認してみると、どこにも休載については書かれていない。

 

一応、先週のモーニングの次号予告も確認してみたところ、掲載作品のところにバトルスタディーズの名前が無い。

 

ここを確認したら、今週はバトルスタディーズが休載だと分かったのか。

 

と言うか、もっと休載は分かりやすくして欲しいですね。

 

 

来週のモーニングの次号予告を確認したところ、バトルスタディーズの名前はちゃんと有りました。

 

129話は来週号で読めるということですね。

 

仕方ないので、それまで待つことにしましょう。

 

今週は楽しみにしている漫画の休載が多い気がします。

 

そういう時期なのでしょうかね。

 

来週まで楽しみに待つことにします。

 

 

 

 

風都探偵 5話の感想ネタバレ注意 やっと仮面ライダーに変身

風都探偵5話「tに気をつけろ5/犯人(ヤツ)はそこにいる」は、2017年9月25日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ2017年43号に掲載されています。

 

ついに仮面ライダーに変身しましたよ。

 

1回休載を挟んでの5話目での変身。

 

漫画だからできる引っ張り方ですね。

 

特撮だったら1回目から変身しますから。

 

あらすじ(ネタバレあり)

 

ときめが記憶喪失であることが前回の4話で分かりました。

 

ときめは記憶を失っていても、何か探し出さなくてはいけないものがあるから、裏風都から離れることは出来ないと言います。

 

ときめの持つメモリを見た翔太郎は何かに気づきます。

 

「あいつが来る…」というときめの言葉と共にメモリが熱くなります。

 

そこに登場したのは立川蓮司。

 

立川は、ときめを殺人鬼の魔女だと判断して、翔太郎とともに消そうとします。

 

翔太郎はときめのメモリは破損しているから、裏世界を作り出すロードのメモリの所有者は別にいることを立川に伝えます。

 

そして真犯人は、ときめのメモリが熱くなったことから、立川たちの中に居ると推理します。

 

立川はハッタリだと切り捨てますが、部下のサブが突然立川を殴りつけます。

 

そしてサブが変身。

 

ピンチと思ったら、ここでフィリップが登場。

 

そしてついに変身です。

 

ここはカラーページで変身シーンが描かれます。

 

そしてアオリ文句が

 

主人公は2人。主人公は探偵。

 

主人公は2人で1人の仮面ライダー!!

 

街を泣かせる悪党どもに、投げかけ続けてきた

 

あの言葉…次号、ついに!!

引っ張ったなあ。

 

ここで今回の5話は終わりです。

 

感想

 

やっと変身しましたね。

 

長かった。

 

連載がスタートしてから2ヶ月くらい変身をひっぱりましたね。

 

 

 

次号のスピリッツは表紙が桐山漣と菅田将暉。

 

仮面ライダーの総力特集だそうです。

 

次号休載じゃないか確認しましたよ。

 

休載の文字は無いので6話は来週読めそうです。

 

スピリッツは休載の多い雑誌なので、掲載されていると思って購入しても、お休みということがよくあります。

 

今週号だとアオアシが休載で悲しかった。

 

ということで来週の風都探偵6話は休載なしということで安心しました。

MAJOR2nd(メジャーセカンド)107話 仁科が使えない

MAJOR2ndの107話を読みました。

 

前回までの話は制球がしっかりしない睦子がピンチを招くも大吾のアドバイスで立ち直り無失点で切り抜けたという話でした。

 

外野で大吾のアドバイスを聞いていなかった仁科が、睦子にタイムの後立ち直った理由を尋ねていたんですが、睦子が大吾にアドバイスされた軸足のことを答えると、そんなことで驚いていましたが、本当に投手をしてたんでしょうか?

と思うような答えですね。

 

大吾に投手にとっての軸足の大切さを認識してないのは、まだまだだねと言われてしまいます。

 

この時の言い方が寿君っぽい気がしました。

 

仁科もそれにカチンと来て怒るんですが、千里に打順だよだと言われてすぐに引き下がっていました。

 

この時の千里の言葉使いがあざといけど可愛い。

 

ヘールメット~みたいな言い方されたら、仁科とかも悪い気はしないだろうなあ。

 

それでバッティングは良いのかと思ったら、あっさり三振ですよ。

 

そりゃ7番にされますな。

 

初登場の時の強キャラ感は何処にいった?

 

というかこの実力でよくあれだけの大口が叩けたなあと思います。

 

何かもう憎めなくなっていますけど。

 

あと太鳳ってアホな子なのかなとちょっと思ったのは、沢さんが5連続三振を指摘した時の反応。

 

全く気付いて無い。

 

アホとは言いませんが、大らかな子なのかも。

 

アニータは大吾があっさり睦子を立ち直らせたことで自分が赤っ恥じゃないかとか考えていましたね。

 

どうもアニータは何かしでかしそうです。

 

この活躍しようという気持ちの強さが空回りして、何か大失敗を引き起こしそう。

 

そして、アニータに交代してキャチャー大吾。

 

そんな展開を予想してしまいます。

 

まああまり気持ちが滅入る展開は勘弁してほしいので、今のまま行ってほしいですけどね。

 

あと対戦相手の五木中の監督。

 

割りと有能かもしれません。

 

大吾のスイングを見て、今までの中では一番鋭いと評価していました。

 

実際、大吾は三振はしましたが結構粘っていてスライダーにもバットを当てていました。

 

最初はこの監督大丈夫かと思うような場面が多かったですが、あとになると有能な場面が出てくるようになってきましたね。

 

次回の108話は2017年8月30日発売のサンデー40号に掲載されるんですよね。

 

休載とかは無いはず。

 

楽しみです。

それにしてももうサンデーも40号ですか。

 

2017年も後わずかというのを感じます。

 

まだ4ヶ月くらいありますけどね。