バトルスタディーズ 137話は、モーニング第53号に掲載されています。

 

今回の話では、藤巻の覚醒と檜の爆弾発言が印象に残った回でした。

 

そんなバトルスタディーズ137話の感想をネタバレありで書いていきます。

 

>>このブログのバトルスタディーズ最新話までの記事一覧

 

バトルスタディーズ 137話の感想(ネタバレあり)

 

快苑との差を埋めるべく実践練習に取り組むDL学園。

 

夏の予選まで2ヶ月あまりということで、狩野が部員たちに激を飛ばす。

 

そして登場するのが、連日やられっぱなしの実戦相手。

 

一体誰なんだと思ったら、藤巻監督でした。

 

藤巻監督は引退したあと毎日打ち込むことで、なんと今更打撃開眼。

 

マリオは「間が悪すぎて笑うわ」と。

 

シート(実戦)バッティングがスタート。

 

狩野が状況を説明。

 

夏の大会決勝相手は春王者の快苑。

 

2対1 DL1点リードで迎えた9回裏 快苑の攻撃。

 

一死一・三塁でこの日3安打と絶好調の5番風邪引いて万年。

 

単打で同点 長打なら逆転サヨナラ負け 0で切れば甲子園や!!

 

それに対してポジションごとにどう対応するかを言っていく。

 

そして天津が藤巻にアウトローへと投げ込む。

 

天津自身が「ビシバシ」やという会心の投球。

 

しかし藤巻は、軽々と柵越えしてしまう。

 

あのアウトローが届く?と狩野も困惑する一発。

 

藤巻さん覚醒しすぎじゃない?

 

 

走塁練習では長野が狩野、花本、丸井に走塁を教えている。

 

「走塁に不調はない」と細かくリードについて教えていく。

 

「水餃子があれこれメモっとる もっぺんおさらいしてから走塁練習に入れ!!」

 

水餃子とは丸井のこと。

 

狩野は丸井のメモを見せてもらうと、図解入りでリードやゴーバックの切り替えが説明してある。

 

このメモを見て驚く狩野。

 

そして狩野は、丸井に今日から捕手にコンバートやと宣言する。

 

それを聞いて驚く丸井。

 

 

投手陣の練習では、天津が狩野が主将になったことで、今までのDLとは色味の違う上下関係になっていることを感じている。

 

「今年の投手陣は、天津、阿比留、ロバート、檜の4本柱や 背番号関係なく全員がエースの自覚を持たなアカン」

 

「エースが一人で投げ抜く時代ちゃうし高校野球が人生の頂点じゃない」

 

と投手陣に語ります。

 

 

一塁側ブルペンでは、檜が投げ込んでいます。

 

楠「ええボール!!よし終わろうか檜」

 

それに対して檜は

 

「もう一球お願いします…」

 

楠は止めますが檜の気迫に押されて一球だけ認めます。

 

ドッという音ととおに檜の剛球がミットにおさまります。

 

 

練習後。

 

藤巻はテレビを見ている。

 

映っているのは烏丸。

 

烏丸はヤクルートにドラフト1位で入団。

 

そして今日の試合でプロ初安打をサヨナラヒットで飾った。

 

そこへ檜がやってくる。

 

檜「自分はDLに何の興味もないし失望してます。狩野とバッテリーを組むためだけに入学したのに…新チームになって狩野は一塁手…」

 

思い切ったことを言うなあ。

 

檜は別の高校への進学が決まっていたけど、中学の代表チームで狩野とバッテリーを組んだことでDLへの入学に変更したんだよな。

 

そのせいでシニアのチームからは除名処分。

 

そういう処分を受けてでもキャッチャー狩野と組みたかった。

 

だからこういう発言が出てくるのも仕方ないのかな?

 

「ここにいる理由がない…」

 

「自分DLやめます」

 

この発言に藤巻は、顔を歪めて何も言えない。

 

ここで137話は終わりです。