ゲバラ戦が中々終わらないはじめの一歩ですが、ついに連載が1200回を迎えました。節目の回ということで、今回は減ページなしで18ページ掲載されていました。そのせいか何時もより長く感じられましたね。話しも進みましたし。いつもこのくらいのページ数を掲載してくれれば、嬉しいんですけどね。

 

一歩のパンチドランカーの話しが無ければ、ゲバラ戦も悪くないなと今回の1200話で思いました。一歩がゲバラのボティへのパンチを集中させて、ゲバラの意識を下に向けさせる。そしてゲバラの意識が下に行っていて、上への意識が希薄になっていることろで、上へのパンチを当ててダウンを奪う。振り回して当たったら儲けもの見たいな今までのダウンの取り方と違って良かったです。一歩もやっと練習してきたことが出せたと言ってましたが、雑なボクシングになっていることに自覚があったんですかね。

 

ゲバラはゲバラで、勝利が目の前にあることで視野が狭くなっていますね。このラウンドでゲバラは2回目のダウンをしてしまいました。それなのに、足を使って逃げようとしないんですよね。確かに次一歩を倒せば勝利なので、かなりチャンスな状態ではあります。しかしゲバラ自身も2度のダウンをしていて、次に倒れたらアウトです。残り時間は40秒なら足を使って逃げ回って、このラウンドを終わらせれればいいのに。目の前の世界ランクに目がくらんで、ダウンから立ち上がって前に出てしまうんですよね。ゲバラのボクシングが雑になっている気がします。

 

ゲバラと一歩が正面から殴り合えば、やはり一歩の方が破壊力は上です。ゲバラはロープ際まで追い込まれてしまいます。ここで1200話は終わりです。1201話で新型デンプシーがついに登場するのでしょうか?ゲバラは、相当ダメージが蓄積している状態。別に新型デンプシーを使わなくても、ダウンさせることはできそうなんですけど。やはり新型デンプシーを使うのかな?

 

鴨川会長は結局タオルを投げませんでしたね。まあ、そうなるとは思っていましたが、なら鴨川会長がタオルを握りしめて葛藤してた場面が茶番にしか思えなくて残念です。それならいっそ最初から、もうタオルを投げないと断言したら良かったのに。セコンドであたふたするだけの鴨川会長は、以前の有能さは全く感じられません。悲しくなります。

 

そして心配なのは作者の森川ジョージ先生。巻末のコメントで原稿が描けないと言っていました。これは、また近いうちに休載がありそうです。しかし1200回目の記念する回のコメントがこれって、そうとうきてる物があります。前回の1199話のコメントの方がまだ記念回のコメントっぽかったんですけどね。みなさまの応援のお陰で文庫本がだせますみたいなコメント。森川ジョージ先生の体調とかメンタルが心配ですね。