スキレットで人参しりしりを作ってみると熱々のままたばれて良い

ニトリで購入した19cmサイズのスキレットなんですが、近頃毎日のようにつかっています。

 

今日ニトリスキレットで作ったのは沖縄料理人参しりしり。

 

人参とシーチキン、卵があれば作れる簡単メニュー。

 

ただ面倒なのは人参を千切りすること。

 

包丁で千切りにするような技術はないので、ニトリで購入した千切りスライサーで人参を千切りにします。

 

この千切りにする作業が一番大変。

 

千切りにしてしまえば後は楽なんですけどね。

 

10分くらいかけて人参を千切りに。

 

そしてスキレットを煙が出るまで加熱。

 

白煙が出たら弱火に。

 

後は火を強くすることはありません。

 

シーチキンの油だけスキレットに投入。

 

その後に千切りにした人参を入れて塩コショウをして炒めます。

 

しんなりしてかさが減ったらシーチキンを加えます。

 

軽く炒めた後に溶き卵を入れて、全体にからめて完成。

 

味付けは塩コショウだけでも十分に美味しいです。

 

レシピを調べるとめんつゆを使うレシピが多いみたいですが、めんつゆがなくても十分に味はついています。

 

そしてスキレットのいいところは、スキレットのまま食卓に出せること。

 

これのおかげで、最後まで熱々の人参しりしりを食べることができます。

 

もう1つ嬉しいのは、洗い物が減ること。

 

調理したスキレットをそのまま食器として使えるので、洗い物が一つ減ります。

 

ズボラでシンクに洗い物をためがちな私には、この洗い物が減るという本当に助かります。

 

ということでスキレットなら熱々のまま食べれて、洗い物が減りますよ。

 

ひとり暮らしには本当に助かる調理器具だと思います。

 

よく言われる手入れが面倒というのは、実際につかってみるとそんなに大変ではないです。

 

スキレットの手入れとしてよく言われる、使用後にオリーブオイルを全体に塗るという作業。

 

これ全くしてないんですけど、今の所錆びることなく使用できています。

 

私がしているのは使用が終わったスキレットに水を入れて火にかける。

 

そして柄のつきブラシでこする。

 

汚れが落ちたら水でスキレットをすすいで、水分が飛ぶまで火にかける。

 

これだけです。

 

文字にすると面倒そうですが、実際にやることはそんなにないですよ。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました