私が読み終わった漫画の感想を書くブログ

記事一覧

バトルスタディーズ 131話の感想ネタバレ 藤巻変わったな

バトルスタディーズ131話は、2017年10月19日発売のモーニング47号に掲載されていす。

 

前回の130話で、DL学園は夏の大会を出場辞退にすることが決まりました。

 

初戦を圧勝してこれからというところでの出場辞退。

 

これが最後の夏となる烏丸たち3年生は無念だったでしょう。

 

>>バトルスタディーズ最新話までの記事一覧はこちら

 

131話の冒頭で、烏丸や金川、古谷、藤巻といった3年生が集まっています。

 

夏の甲子園に出れなかったことについていろいろと語っています。

 

藤巻が手を出すということは背中で語れないと白状してるものだと言っていたのが印象的でした。

 

バトルスタディーズの冒頭では、体罰肯定派として烏丸と対立してきた藤巻がこんな事を言うとは。

 

藤巻が指導者になったら、今まで以上に体罰が横行する部になりそうと思いましたが、どうやらそんな事にはならなそうです。

 

 

洗濯場で話をしている丸井と花本。

 

2人は出場停止になったことで、3年生が甲子園にでれなかった事を悲しんでいるようです。

 

この2人は良い人っぽい性格なんですよね。

 

その2人に南?が「3年生には悪いけど、試合に出る機会が増えることを喜んでいる」と言います。

 

まあそういう考え方も有るでしょう。

 

檜は「春の選抜で準優勝した時点で進路は決まってるんだから、そこまで甲子園にこだわるのが理解できない」と言い出します。

 

最近の檜は和を乱しまくりますね。

 

それに対して狩野が檜に対して苦言を呈しますが、あまり檜には届いていないよう。

 

檜が改心するのにはまだ時間がかかりそうです。

 

 

 

研志堂に集まった1年生と2年制の部員。

 

部長から処分についての説明がされます。

 

スタッフは全員辞任。

 

活動自粛は1ヶ月。

 

対外試合は6ヶ月の禁止。

 

そして、原因となった鬼頭は退学届けを提出。

 

これを聞いて2年のマリオが、対外試合6ヶ月禁止ということは自分たちの選抜は無いということですかと部長に尋ねます。

 

部長はそれに頷きます。

 

2年生もつらいですね。

 

これで今の2年生が甲子園に行けるのは来年の夏だけになってしまいました。

 

そして、指導体制はまだ決まっていないので、はっきりするまではこの人に指導してもらうことにすると伝える部長。

 

でてきたのは横山やすしの格好をした藤巻。

 

その格好、喋り方に部員は笑いをこらえることができません。

 

藤巻は、後輩たちを元気づけるためにわざとおどけてるんでしょうね。

 

変わったなあ。

 

そして新体制の幹部を決めることを宣言。

 

ここで狩野笑太郎が立ち上がります。

 

そして、高校野球のキャプテンは最上級生しか駄目なのかと藤巻に質問し、新しいキャプテンに狩野が立候補します。

 

ちょっと突然のことでびっくりですね。

 

藤巻は狩野の立候補を認めるのでしょうか?

 

131話はここでおしまいです。

 

狩野も新生DL学園に波風立ててきましたね。

 

鬼頭は退学するしか無いですよね。

 

出場辞退を引き起こした原因なんですから。

 

とは言え、3年生がそんなに鬼頭を恨んでないのは安心しました。

 

さてさて、132話で狩野のキャプテン立候補はどうなるのでしょうか?

 

ひと波乱ありそうです。

 

 

 

バトルスタディーズ 130話の感想ネタバレ DLの出場停止決定…

2017年10月12日発売のモーニング46号に載っているバトルスタディーズ130話読みました。

 

ついにDL学園の出場停止が決定しました。

 

前回の129話で鬼頭が事故を起こしたことが分かりましたが、まだ処分は決定していませんでした。

 

>>バトルスタディーズ最新話までのこのブログの記事一覧

 

もう少し引っ張るのかなと思いましたが、あっさり今回の130話でDL学園が夏の大会の出場停止となりました。

 

正確には出場辞退という扱いみたいですが…。

 

ここ何話かの鬼頭の暴走で、恐らくDL学園は夏の大会の出場停止になると思っていましたが、実際に処分が決まるとつらいですね。

 

烏丸や金川ら3年生がこれで甲子園に行くことができなくなってしまいました。

 

狩野が言うように1年生の鬼頭が起こしたことなのに、3年生まで連帯責任で出場停止になるのはおかしいですね。

 

本当に連帯責任というのは嫌なものです。

 

この甲子園にいけなかった無念さを晴らすために、藤巻が指導者としてDL学園に残ると宣言しました。

 

海宝や部長と言ったDL学園の首脳陣は、鬼頭の事で責任を取って引責辞任することになりました。

 

今までの指導者が丸々居なくなるので、藤巻が指導者として残れる可能性があるのでしょう。

 

というか生徒が指導者として残りたいと言ったら残れるものなんでしょうか?

 

無償のボランティアとしてなら簡単に残れそうですが。

 

あとは鬼頭がどうなるかですね。

 

今回の事故を起こしたことは、テレビのニュースとして流れました。

 

しかも事故を起こしただけでなく、他にもいろいろやらかしているので、DL学園から退学処分を受けることになってもおかしくありません。

 

万が一退学にならなかったとしても、出場停止の原因を作った鬼頭を部員は許せないでしょうし、DL学園の野球部に戻ることは難しそうです。

 

どういった形で鬼頭について決着をつけるか興味が有ります。

 

あまり元々好きなキャラでは無かったのですが、今回事故を起こしてDLを出場停止にしたことでさらに嫌いになりそうです鬼頭。

 

来週のモーニングの掲載予定作品にバトルスタディーズの名前があったので、131話は来週読めそうです。

 

次号予告には「突如露と消えた、夏の甲子園の夢。笑太郎は胸に、ある覚悟を秘める。」とあります。

 

どんな覚悟を狩野がするのか気になる所です。

 

 

 

 

 

バトルスタディーズ 129話の感想ネタバレ DL学園は出場停止になるのか?

バトルスタディーズ 129話「疑心暗鬼」は、2017年10月5日発売の週刊モーニング45号に掲載されています。

 

128話は部長や寮監、コーチが頭を抱えて、こんなこと生徒には伝えられないと居る所で話は終わりました。

 

そして1週休載を挟んでの129話です。

 

あらすじ(ネタバレあり)

 

DL学園の室内練習場で烏丸、金川、古谷、石松、藤巻が汗を流しています。

 

話題は今日の試合で2打席連続アーチで6打点の狩野に。

 

烏丸は、狩野1人で勝ったようなもので、さすがに情けないなと言っています。

 

そして、金川がこの練習量は試合後の量じゃないだろと言います。

 

すると、藤巻が「おれだけけっ?みんなでやる自主練のこの時間が心地よく感じるのは…」

 

笑顔になる5人。

 

本当に良い雰囲気ですね。

 

ここから、どうなるか考えると胸が痛くなります。

 

そこへ部長が烏丸、古谷、金川を呼びに来ます。

 

 

部長は鬼頭が病院に行く途中に事故を起こしたことを伝えます。

 

そして部員が混乱しないように、伝えなくても良いと口止めを部長はします。

 

部長の歯切れの悪さから何かを感じ取る3人。

 

金川は「僕らの夏が飛んだりしないですよね?」と部長に問いかけます。

 

部長は、一瞬の沈黙の後に「…何を言ってるんだ 大丈夫心配ないよ」と答えます。

 

烏丸、金川、古川の表情には動揺が隠せません。

 

 

グランドで甲子園に待ってろとお祈りをしている狩野。

 

そこへ花本が研志堂に全員集合だと呼びに来ます。

 

狩野は俺何かやらかしたと焦りだします。

 

呼び出されると狩野は毎回焦ってる気がします。

 

 

烏丸が自分たちだけで秘密にしておくのはイカンということで、鬼頭が事故を起こしたことを部員に伝えます。

 

火影から「もし鬼頭が加害者なら…出場停止になるんけ?」という質問が出てきます。

 

藤巻が努めて明るい調子で「なれへんわ」と答えます。

 

しかし金川は部長の表情から事態は深刻なことを感じ取っているようです。

 

烏丸は「覚悟はしておいたほうがいい…」と話します。

 

藤巻はその言葉に反発。

 

烏丸は覚悟しておかないと、今までが一瞬で消えてしまうのが怖いんだと表情を歪ませて言葉を絞り出します。

 

その言葉を聞いた藤巻は、チームを鼓舞しだします。

 

あやふやな憶測に振り回されるよりも今を生きようと。

 

そして大丈夫と。

 

藤巻は良いキャラになりましたね。

 

 

DL学園に中継車の姿が。

 

鬼頭が記者にDL学園のしきたりについてメモしたノートが渡してましたよね。

 

あれの取材でしょうか?

 

それとも事故を起こしたことへの取材?

 

どちらにしろ、大会中だというのに雑音の多い集中力を乱される状況になりそうです。

 

ここで129話は終わり。

 

130話はモーニングの次号予告を見ると掲載されると書いてあったので、来週読めます。

 

感想

 

重い展開ですね。

 

どうなるんでしょうか?

 

やはりDLは出場停止になるのか?

 

早く結論がでて欲しいですね。

 

見ていてやきもきしますから。

 

来週の130話が楽しみです。

 

バトルスタディーズは休載か…129話を読もうとモーニング44号を買ったのに

バトルスタディーズ129話を読もうと、2017年9月28日発売のモーニング44号を購入。

 

鬼頭の暴走でDL学園の監督や寮監が対応に苦慮している所で128話は終わりました。

 

>>バトルスタディーズ129話の感想はこちら

 

夏の大会出場停止になるのではないかと不安になる終わり方でした。

 

直前でキャプテンの烏丸が風呂場で狩野に甲子園にかける思いを語っていただけに、これは気になりますよね。

 

DL学園がどうなるか?

 

作者のなきぼくろ先生は、DL学園のモデルになったPL学園の出身です。

 

そして、なきぼくろ先生がPLに在校していた時に、PLは不祥事で出場停止になっているそうです。

 

つまり今回の鬼頭の暴走は、この時の経験をもとに出場停止について描くのではないかというわけです。

 

これは気になるでしょう。

 

 

Dモーニングを契約しているので0時になったら、最新号を読むことができます。

 

さっそくバトルスタディーズを読もうと思って、目次を確認すると、バトルスタディーズの名前が中々見つかりません。

 

やっと名前を見つけたと思ったら、今週のバトルスタディーズは休載ですと書かれています。

 

かなりガックリきました。

 

確か先週の128話では休載のお知らせは無かったはずです。

 

先週のモーニングを確認してみると、どこにも休載については書かれていない。

 

一応、先週のモーニングの次号予告も確認してみたところ、掲載作品のところにバトルスタディーズの名前が無い。

 

ここを確認したら、今週はバトルスタディーズが休載だと分かったのか。

 

と言うか、もっと休載は分かりやすくして欲しいですね。

 

 

来週のモーニングの次号予告を確認したところ、バトルスタディーズの名前はちゃんと有りました。

 

129話は来週号で読めるということですね。

 

仕方ないので、それまで待つことにしましょう。

 

今週は楽しみにしている漫画の休載が多い気がします。

 

そういう時期なのでしょうかね。

 

来週まで楽しみに待つことにします。